バスクチーズケーキ(15cm )



バスクチーズ、15cm の型で焼いてみました。

というのも、冷蔵庫に中途半端に残ったフィラデルフィアのクリームチーズがあったり、マスカルポーネがあったので、早く使わなければと。


上手い具合に量は丁度良かったみたいです。

焼き時間がまだ掴めてませんが、覚え書きとして残しておきます。


<材料>

クリームチーズ(フィラデルフィア)240g

クリームチーズ(キリ) 18g

マスカルポーネ 40g

はちみつ 8g

グラニュー糖 90g

卵 3個 (169g)

生クリーム(42%) 180g

薄力粉 12g


作り方

チーズ類は室温で柔らかくしてよく混ぜる。

はちみつ 、グラニュー糖を加えてよく混ぜて、溶きほぐした卵を4〜5回に分けて入れ、その都度よく混ぜる。

今回は、その次に薄力粉を振るい入れました。混ざったら、生クリームを加えてよく混ぜてオーブンペーパーを敷いた型に流し入れ焼く。


焼き時間

240℃で予熱しておいたオーブンの下の段に入れます。

230℃に下げて10分したら、上の段に入れ換えて15分、最後はまた下の段に戻して3分焼きました。

オーブンが切れた後、そのままオーブンの中の余熱で5分置いて出しました。


焼き加減は好みなので、どれが正解かわかりませんが、今回カットしたらあまりに中央がとろっとしていて焼き足りなかったかな〜と不安になりましたが、

よく冷やして食べたら、とっても美味しくてこれでもいいのかなと思いました。

チーズ類は合計すると、298gと半端な量ですが、15cm の型の時は300gで大丈夫みたいですね〜

卵も割と大きめでした。

多少の違いがあっても、影響なく焼けると思います。

昔から作っているチーズケーキ


材料 (底が取れる15cm 丸型)

*ボトム

グラハムクラッカー 60g

無塩バター 30g


クリームチーズ 200g

グラニュー糖 60g

全卵 1個

生クリーム 100g

レモン汁  大さじ1

コーンスターチ 10g

卵白 1個分


*作り方

グラハムクラッカーを砕いて、溶かしたバターを混ぜ型の底に平らに敷き詰める

フィリングを作る間、冷蔵庫に入れておく


フィリングは室温に戻して柔らかくするか、電子レンジにかけて柔らかくしたクリームチーズを、ボウルに入れヘラで滑らかにし、グラニュー糖の2/3程を加えてホイッパーで混ぜる(残りのグラニュー糖は卵白をメレンゲにする時に加える)

グラニュー糖以外の材料を順に加えて、その都度よく擦り混ぜる

コーンスターチまで加えて混ぜたら、別のボウルに卵白を入れ、残りのグラニュー糖を加えてメレンゲを作る

メレンゲはあまりしっかりすると、焼いている時に表面が割れるので、少し緩めにしています

クリームチーズのボウルの方に、メレンゲを2回に分けて加えて混ぜる

白い線が残らないように混ぜきる


ボトムを敷いた型に流し込み、170℃のオーブンで40〜50分、湯煎焼きする

焼き上がったら、型のまま冷ます

冷蔵庫でしっかり冷やして型から出す


*卵はM〜L玉、生クリームの乳脂肪分は好みので



バスクチーズケーキ2回目


昨日、2回目のバスクチーズケーキ焼きました。

初めて焼いたのが、思わぬ反響を頂いて、なんだか次にプレッシャーがかかって来まして〜

それで、いろいろと余計なことしたような、、、

1回目との違いは、焼き上がりオーブンからだしたら、直ぐに中央部が沈み始めました。

それと、冷めてオーブンペーパーを剥がしたら、生地が少しくっついてしまいました。

少しレシピを変えて、焼き時間や温度も変えたせいでしょうか⁈


次にこれだと言うレシピと焼き温度掴みたいです。

一応、覚え書きしておきます。


材料 (12cmデコ型)

クリームチーズ 200g

マスカルポーネ 20g

グラニュー糖 60g

はちみつ 6g

卵 2個(105g)

生クリーム(35%) 115g

薄力粉 8g


オーブンの温度

230℃で20分 (途中10分から上段に入れ替えて5〜6分して、また下の段に移しかえた)

あまりに焦げて来たので、残りの5分は、びびって200℃に下げてしまいました。


感想

結局、そんなに味や食感に違いは無し。

でも、甘さ加減は、これで私好みだったかなー

はちみつを入れたのは、焦げ色を早くだしたかったから。

チーズは生クリームが35%なしか無かったので、たまたまあったマスカルポーネを少したしたけど(美味しくはなった) でも、わざわざ買わなくても、生クリームの乳脂肪の高いのにすればいいかなと。

オーブンの焼き温度やらは、最初の230℃で25分でよかったような〜

表面の焦げ加減は、上の段と下の段で好みに調節すればいいかと。

まだまだ不確かな感じですが、とにかくみんな大好きで直ぐになくなるし、簡単で早くできるので、何度でも挑戦したくなります。