無花果のタルト


今年初めての無花果のタルト焼きました。

毎年、無花果出てくるのが早くなって来たように思います。

見かけると早く作りたくて焦るんですよね。


パートブリゼ生地を空焼きして、ダマンド詰めて、スライスした無花果を重ねて焼き込んでいくので、少し手間もかかるし、この暑い時期オーブンを1時間以上付けるのは、部屋の温度が上昇して気が重くなるのですが、この美味しさを思えば苦にならなくなります。

一晩冷やすと、無花果の水分がダマンドに降りて来て、しっとりして無花果の甘さと香りが加わり、程よい甘さで何切れでも食べたくなります。

ブリゼ生地は、水分に負けずサクサクして相性もいいですよ。

周りに飾ったヘーゼルナッツのキャラメリゼもアクセントになり、外せなくなります。


詳しく全部書ききれないですが、クレームダマンドがおいしいので、レシピ書いておきます。


*クレームダマンド(18cmタルト型)

無塩バター    70g

サワークリーム 10g

粉糖      50g

全卵      50g

生クリーム 10g

アーモンドパウダー 80g

バニラオイル 少々


上の材料から順に混ぜて、空焼きしたタルトに詰めて、スライス無花果並べて、ブラウンシュガーかカソナードを振りかけて、180度で45分くらい焼いてます。

焼けたら、周りの型を外し、粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかり冷やしてください。

仕上げにアプリコットジャムに水少々加えて煮詰め、刷毛で塗ってます。




お久しぶりです




スマホの機種変更したら、ブログのアプリが無くなり、再びアプリを載せることが出来ずにいました。

ですので、違うやり方で載せてみますね。


再開いきなりの失敗写真ですみません。

というのも、いつもスフレチーズケーキを焼くのに使っていたが電気オーブンが調子悪くなり、買い替えました。

それで、スポンジケーキとスフレチーズケーキを焼いてみましたが、

びっくりするほど調子が違います。

同じメーカーで同じくらいのグレードなのに…


全然前の方が出来が良かった〜

でも、慣れるしかないですね。

暫く悩みそうですが、なんとか上手く焼けるよう試作続けてみます。


このスフレチーズケーキ、見た目はかなり悪いですが、レシピは今までのと同じなので、味や食感は変わりなく美味しかったです。

スフレチーズケーキ

5月もいよいよ終わりですね〜
梅雨入りも間近で、今日も曇り空です。

今月もレッスンに沢山の方が来てくださり、ありがとうございました。
サービスメニューでお出ししたスフレチーズケーキが、最初の方はひび割れたのを食べて頂き、今となってはごめんなさいね、です。

それで、ここ2回作って上手く焼けた詳細を書いておきます。

スフレチーズケーキ
<材料> 18cm底抜けデコ型
卵(L玉) 3個
クリームチーズ 200g
グラニュー糖 100g
生クリーム 130g
牛乳 70g
無塩バター 25g
薄力粉 40g
レモン汁 28g

スポンジ生地(8mmスライス)1枚

作り方は以前のブログに書いたやり方と、手順は同じです。

以前と違ったところやポイントを書いておきます。

まず、オーブンを電気オーブンのお菓子メニューを使いました。
その中にスフレチーズケーキがあったので、初めて使って見ました。
予熱なしでメニューを選択した後、丸回転天板に熱湯を入れ、オーブンペーパーを三枚重ねて置き、耐熱皿を乗せてその中にもオーブンペーパーを二つ折りにして敷き、生地を入れ終わった型を乗せてスイッチオンです。

すると、30秒ほど回り1時間02分と表示されました。
しばらく(10分ほど)すると、表面が色付き始めました。
最初の1台目は、20分程した時にあまりにも焦げ始めたので、ここで慌ててアルミホイルで上に被せました。
その後、心配で何度も止めてはアルミホイルを開けては中を確認。
結局最後まで、被せて焼き上げました。
ひび割れはなく、ただ表面が少し強い焦げ色になったかなと思いました。


それと、型の周りのペーパーの事。
このケーキを焼く時は、リード クッキングペーパーに決めてます。
底は普通のいつも使ってる白い無地のクッキングペーパーを底板の大きさに切って敷いてます。
でも、周りはリードにしてます。チェック柄が長い帯状に切る時に、歪まず切れるのも便利だし、何よりくっ付かないのがいいです。
前回迄は、念のため溶かしバターを上半分位のところに刷毛で薄く塗ってたんですが、それをやめてみました。

その状態で出来上がりペーパーを外すところが、インスタグラムに載せてる動画です。
あー、何も塗ったり粉糖かけたりしなくて大丈夫だなって思いました。

後、今回思ったのは卵白のメレンゲは少し、心持ち緩めの方が上手くいくなーって事でした。
しっかり立てると、混ぜ合わせに時間がかかり、混ぜる回数も多くなり返って難しいかと。
あくまでも私流ですが、少し緩めでささっと手早く混ぜて型に流し込む感じでやりました。

上に被せるアルミホイルも、予め作っておくと慌てなくて良いと思います。
私はコストコで買ったアルミホイルで作ってます。
しっかり厚みがあるので、オーブンの中の風にも負けないです。
それに何度でも使えそうです。
普通のアルミホイルなら二枚重ねするとか工夫されると良いかなぁと思います。
作り方は、18cmのタルト型に被せて作りました。
参考になるかどうかですが、一度ペーパーを巻いた状態の型に被せて、様子を見ておいたら楽チンです。
いざ焼き始めると庫内は熱くなるので、作業しやすくしておくといいですね〜
2回目に同じレシピで、同じ様に作って焼いたのですが、アルミホイル被せるタイミングを5分ほど早めにしました。
以上でしょうか〜
また、何か思い出したら書き添えますね。

来月は、これをレッスンしたいと思ってるので、お菓子メニューを使わずに焼く試作をしたいと思ってます。
また、それも上手く出来る様なら載せますね〜


焼き上がりです


アルミホイルの作ったものです


材料の準備状態