小粒苺のさっと煮ゼリー


*小粒苺のさっと煮

小粒苺   230g

グラニュー糖 45g

レモン果汁 小さじ1


<作り方>

苺はヘタを取り洗ってザルにあげておく。

少し水気が付いている方が良い。

鍋に全ての材料を入れて、最初は弱火にしてヘラで混ぜていく。グラニュー糖も溶け、少しずつ水分が出始めてきたら、少し火を強め十分に果汁が出て来るまで混ぜながら煮る。

果肉の表面がほんの少し柔らかいかなくらいで火を切る。余熱で果肉は柔らかくなるので、煮過ぎないように〜

鍋のまま、もしくは瓶などに移し替えて冷まし冷蔵庫に入れて冷やす。


*さっと煮ゼリー

さっと煮をザルなどを使って、果肉と果汁に分ける。

今回は果汁が100g取れました。

(果肉と水で合わせて120gになればよい)


果汁   100g

水        20g

グラニュー糖  20g (この量はお好みで増減してください)

板ゼラチン  2〜3g (柔らかめがお好きなら2gで、粉ゼラチンでもOKです)

キルシュ  小さじ1(なければ入れなくてもOKです)


<作り方>

鍋に果汁、水、グラニュー糖を入れて火にかけ沸騰直接まで温める。火を止めふやかしたゼラチンを加えて溶かす。

キルシュを加えて混ぜる。ボウルに移し替えて氷水に当てて冷やす。


パンナコッタの上にザルに取っておいた果肉を並べて、ゼリー液を流し入れる。あればフレッシュな苺も間に加えて載せると、色も綺麗になります。

載せ終わったら、冷蔵庫で冷やし固める。


いくつ出来るかは、器の大きさで違いますが私は四つに分けました。


インスタグラムに載せているパンナコッタのレシピは、生クリームが全体量からは少な目です。あっさりしたお味です。本来もう少し生クリームの量は入ると思います。

牛乳と生クリームを合わせて320gくらいになるよう、お好みで配分してみてください。

甘さも多少の増減、お好みでしてくださいね。


苺は煮ると果肉の色は少し抜けて、フレッシュな苺と比べると無くなりますが、果汁から苺の甘く強い香りがしてきます。

その果汁と一緒に瓶などに入れてよく冷やすと、そのままでも美味しいですし、ヨーグルトに入れたりアイスクリームに掛けたりして楽しめます。

日持ちはそんなにしなくて、冷蔵庫で2〜3日くらいです。早くお召し上がりください。


今日は2パックさっと煮にして、半分は冷凍しているので、これもどうやって食べようか楽しみです。






コメント