久しぶりになりました〜


ランゴ・オ・ショコラ


とても久しぶりになりました。

何度か書くも、投稿に失敗したり相変わらず、まだブログの載せ方が今ひとつなんです。

それでついつい遠ざかってます。


お菓子作りは、12月に入り苺も出た来て、周りはすっかりクリスマスモードですね〜

私も、苺のケーキも作ってますが、

今、ハマってるのはこのチョコレートのケーキです。


至ってシンプルなものですが、微妙な柔らかさに四苦八苦してます。

でも、その柔らかさに美味しさがあり、来てもらった方々に出すと、喜んでもらえるので、一巡するまでは作り続けてます。


この写真は昨日のものですが、コツは出す2日前から作り、冷蔵庫の中で冷やしておく事です。

1日前でも出来るんですが、カットの事を考えると、それくらいの方がしっかりしてきてやり易いのです。


小さなパウンド型(6cm×11cm×高さ5cm)

<材料>

クーベルチュールチョコレート(56%) 115g

生クリーム(35%と47%を半々) 140g

ラム酒 10g

赤ワイン 10g


*底生地はココアスポンジの8mmスライス


私なりの注意は、チョコレートを湯煎で溶かす時、55度〜60度のお湯でゆっくり溶かす事です。

まだまだ、完全ではないのですが今のところ、配合や注意はこんな感じです。

スフレチーズケーキの工夫






電気のオーブンを買い換えて暫く経つというのに、まだまだ使い方がよくわからない状態です。

日々チンと温めに使ってるだけで…


来てすぐにスフレチーズケーキを焼いたら、見事に割れてしまい、それ以来プリンを焼いただけでした。

なかなかちゃんと向き合えてなくて、やっと前回の反省点を考えて、お手軽即席工夫で、スフレチーズケーキ焼きました。

そしたらなんとか割れずに焼けて、ちょっとホッとした次第。


反省点はこのオーブンは向かって右側から熱風が出てくるみたいで、右側が焦げやすい。

前のオーブンは回転しながら焼けたので、ムラなく焦げ色が付いて良かったのです。

だから途中で何度か方向回転させる、ということ。

それと、どなたかがストウブの鍋の中に入れて焼いたら上手く割れずに焼けた。と書いてらっしゃったので、それも考えたのですが、鍋への出し入れが大変そうだし、鍋が悪くならないかも心配になり、それに近い状態を作ろう〜と。

それでアルミホイルで周りを囲んで焼くことに。

これで熱風から守れるのではないかと、

やり方は雑なもので、適当に切ったら全部囲みきれずちょっと足りなかったのですが、

これが後になったら、オーブンの中で様子を見るのにその隙間から覗けたりして、良かったかも。

でも、今度は高さをもう少し低くしようと思いましたよ。

高い壁過ぎて、途中何度も点検するのに見えなくなって、隙間からしか見れなかったー

まぁ、いずれにせよ多分この方法が良かったのかなぁと思いました。

焼きムラはもっとマメに回転させるしかないですね。


 




いろいろあった夏休みと最近のお菓子作り

いろいろあった夏休みでしたが、忘れない内に少し書いておきます。


写真は順序がバラバラになってますが、未だにブログの扱いが上手く出来ず、困っています。


まず、我が家の一大イベントだったディズニーランド&シーの一泊お泊り。

しかもファミリー大集合の大人数だったので、楽しい思い出がいっぱい出来ました。

久しぶりに姪ファミリーとも会えて嬉しかったなぁ〜


そして、ずーっと気になっていた我が家のリビング。

少し家具を買い換えて過ごしやすくしたいと、見に行きました。

いい出会いがあって、即購入。

搬入は11月になりますが、それまでに古い物は処分したりと忙しくなります。


あとは気になっていた鎌倉のカフェにも行ってみましたよ〜

フルーツが入ったコールドブリューのアイスコーヒーが美味しかったです。


アイスクリームを作る道具も購入した夏休みでした。

結構、いろいろ作って楽しみましたよ!


そうそう、新幹線の中の写真はね、先日の大阪直撃の台風の時のです。その日の夕方、大阪から神奈川の自宅に帰る予定だったのですが、急遽、朝の列車に変更して飛び乗りました。これが正解で、この後から全面ストップして、もう少し遅くなってたら帰れないところでした。


9月に入りお菓子作りもぼちぼち始まりました。

やっと少し秋らしい日もあり、オーブンの出番が増えそうです。