久しぶりに美味しいよ

今月作るお菓子は、卵白を使うものが多くて、セットで卵黄を使うものを考えなきゃいけないのに…
久しぶりにはちみつレモンバターシフォンケーキが食べたくなり、焼きました。
これじゃ、卵白余らないのにね〜
オーブンの中でいい感じに膨らみ、焼き上がりも完璧な感じ。
なのに、相変わらず型出しが下手で、案の定側面ぼろっとしたところあり。

そんな時はとっととカットして、小包装して誤魔化してます。
でも、久々に食べてみて美味しかったです。
近いうちに、もう一回焼きリベンジですね。





マカロン 最後にトホホな出来事

先日から、マカロンの試作をしていますが、お店屋さんみたいに、同じ大きさに丸く作るのは難しいです。
でも、クリームを挟むとそれなりに可愛くなります。
私は買ってまで食べたいと思わないのですが、(市販のはすごく甘くて、歯にくっ付きそうな食感のはあまり好きではないのです) 見た目の可愛さに、作ってみたくなるのです。

5種類作った中で、シトロンはレモンの酸味が効いていて、クリームが美味しいです。

カフェはクーベルチュール・スイートにインスタントコーヒーとアーモンドプラリネ、ラム酒が少し入ったガナッシュクリームで、少し大人味になってます。

チョコはマカロン生地はココアを入れて、クリームはクーベルチュール・スイートとミルクチョコを少し加えたガナッシュクリームになってます。

抹茶はクーベルチュール・ホワイトに抹茶を加えたガナッシュクリームで
ラズベリーは
クーベルチュール・ホワイトにラズベリーピュレを加えたガナッシュクリームです。






番外編

昨夜、それぞれ密閉容器に保存して寝ようと、最後のチョコのマカロンの蓋をぎゅーと閉めたら、バリっと音がして割れてしまいました。無理に小さい容器に詰め込んだのがいけなかったんですが、 どっと疲れが出ましたよ〜

バナナとクルミのキャラメルパウンドケーキ



甘さ控えめなケーキです〜



焼き上がった状態
型から出して冷ます。



食べきれない分は、切り分けてラップに包んで冷凍してます。
食べる時はお皿にひとつのせ、600wで2〜30秒かけひっくり返してもう少し様子を見ながらかけます。ひと肌くらいにほんわか温かくして食べてます。
それくらいなら、コーティングチョコも溶けずにラップを開けたらバナナの香りもして美味しいです。
この季節、部屋に置いていても生地がしまるので、冷凍してなくても10秒くらいレンジにかけて食べてます。

<材料> 21cm×8cm×高さ6cmの型
無塩バター 90g
グラニュー糖 75g (上白糖や三温糖でもok)
キャラメルソース 20g
卵 1個
バナナ(熟したもの) 100g
クルミ(空焼きしてザク切り) 40g
薄力粉 130g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
ベーキングソーダー 小さじ1/2

<作り方>
1. 型にオーブンペーパーを敷いておく。
クルミは150℃のオーブンで10分ほど空焼きし、ザク切りにしておく。
バターと卵は室温に戻しておく。
粉類は合わせて振るっておく。

2. ボウルにバターを入れゴムベラで押さえつけたりして、なめらかにする。ハンドミキサーにかえてクリーム状になったら、砂糖を加えて白っぽくふわっとなるまで混ぜる。次にキャラメルソースを加えて混ぜる。ここは混ざれば良い。

3. 溶きほぐした卵を4〜5回に分け入れ、そのつどしっかり混ぜていく。
つぶしたバナナを加え混ぜる。これも混ざれば良い。

4. クルミを加えて、(ここからはゴムベラにかえて) 混ぜ、粉類を一度に加え混ぜる。混ぜ方は切るようにとよく書いてありますが、最初は粉が飛ぶから、ゆっくり切るように混ぜますが、粉が馴染んで来たら、ボウルを回しながらテンポよくボウルの底から大きくゴムベラですくい返し、ツヤが出るまでしっかり混ぜます。

5. 生地を型に入れ真ん中をくぼませて、160℃のオーブンで40分くらい焼きます。様子で足りないようなら4〜5分足して焼いてください。

*レシピには無いですが、分量外の大き目にカットしたクルミを型に生地を入れたときにのせてます。焼き上がったときにクルミ感出ます。

*コーティングチョコもレシピにはありませんが、冷めてからかけてます。これは好みなので〜
かける時は、湯煎にかけて溶かし先のとがったスプーンでかけてます。


バナナはこれくらいは熟した方が美味しいです。この状態から2日後くらいに焼きましたよ。


こんな感じです。


平らなところでフォークで潰します。

*キャラメルソースの作り方
グラニュー糖 50gと水小さじ1を小鍋に入れ火にかける。
生クリーム50gは沸騰直前までレンジで温めておく。
鍋のグラニュー糖が褐色になって来たら、火を止める。そこに温めた生クリームを加えて混ぜる。
この作業は熱気で火傷に注意してください。
慣れない方は軍手などした方が良いかと 最後に無塩バター7gを加えて溶かす。
熱い間に瓶などに移し入れて冷ます。
ここから20g使ってます。
残りは冷蔵庫で保存できます。
使う時はレンジにほんの少しかけると緩みます。
アイスクリームやパンケーキにかけたり、カスタードクリームに加えたりいろいろ使えますよ〜

ラングドシャ




寒い季節は焼き菓子作りに適してますね。
今月は、いろいろクッキーに挑戦してまして、その中のラングドシャのレシピを載せますね。
食べたいと思ったら、直ぐに作れて材料も経済的で簡単でいいなぁ〜と思ってたんですが…
いざ、作ろうといろんなレシピ見てたら、微妙に配合や工程が違い、いろいろ焼いた末にこのレシピに落ち着きました。
写真の容器は100円ショップで買ったもので、丁度このレシピで作った量が入ります。
この容器に合わせて長さ7cmに絞ってます。
プレゼントにしてもいいですね〜

ラングドシャ
<材料>
無塩バター 28g
粉糖 40g
卵白 35g
アーモンドプードル 7g
薄力粉 25g
バニラオイル 2〜3滴
<作り方>
1. 室温に戻して柔らかくしたバターを
ゴムべらでクリーム状にして粉糖を加えて最初は押し付けるようにして混ぜる。
(最初からホイッパーを使うと中に入り込んでやりにくいので)
バターに粉糖が馴染んできたら、卵白を少し加えて混ぜ、緩んできたらホイッパーに変えて混ぜる。残りの卵白を少しずつ加えて混ぜ滑らかにする。
バニラオイルを加える。 アーモンドプードルと薄力粉を合わせて振るっておき、最後に加えてホイッパーでよいので粉気がなくなるまで混ぜる。

2. 生地を1cmの丸口金を付けた絞り袋に入れてオーブンペーパー又はオーブンシートに長さ7cmに絞り出していく。
間隔は4〜5cmほどあける。
(生地が広がるので)
180℃に予熱したオーブンに入れて5分、170℃に下げて更に7分ほど焼く。
焼けたら、網に移して完全に冷めたら、シリカゲルなど入れて密閉容器又は缶に入れて保存する。

*注意点は、焼きにあります。オーブンの種類で焼き温度と時間は異なると思いますので、目安にして下さいね。
全面に焼き色が付くと焼き過ぎですし、真ん中は焼き色が付かないようにするのですが、焼き足りないと食べた時芯がある感じになります。
後半はオーブンの前に座り込んで焼いてます。
あっと言う間に、焼き過ぎたりしてしまうので…
途中でもオーブンを開けても構わないので、焼けたのから取り出し、もう少し焼いた方が良いのはそのまま閉めて焼き足してください。


ひとりおやつ




3日ほど前から、クッキーの試作をしています。
なかなか上手くいかず、何度も作っては食べていて、明らかに体重は増加しています。
スッと上手くいく時もあるんですが、思うように出来ないと、こう言う風になってしまうのです〜

クッキーは焼き菓子でも好きな部類なので、何度も味見してしまうんですよね。

今日の3時のおやつもこの三種のクッキーです。


ガレット ブルトンヌ
アマレッティ
ラングドシャ

まだ、試作途中です〜

おやつ時間




昨日作ったロールケーキ、2日目になった今日、ひとりで昼下がりのおやつです。
う〜ん、昨日より美味しくなってます。
レシピは今までの小山風ロールケーキと呼んでいるレシピで作ったのですが、焼き方を少し変えてみました。
それが良かったのか、今までで最高の出来な様に思えます。
いろんな方のいいとこ取りした感じになってます。

もう少しちゃんと作り方が決まったら、これもレシピ載せたいと思います。
それにしても、出掛けたり、休憩したりでちっとも片付けがはかどらないです〜

今年もよろしくお願い致します🙇♀ プリンのレシピも載せてます〜

昨年のご挨拶も出来ないまま、年が越してしまいました。


今年もどうぞよろしくお願い致します。


年末から実家に帰り、年明けに戻って来ましたが、まだ家族が休みのため落ち着かない状態です。

本格的に平常に戻るのは、来週の連休明けでしょうか〜


今年最初に作ったのは、カスタードプリンです。

牛乳の消費をしたいのと簡単に出来るということで…

力をいれて作ったものではないですが、結局、家族に喜ばれるのはこう言うシンプルなものなんですよね!

これと、夕食はマカロニグラタン。

これも、家族受け上々なんですよね〜


今年は、あまり難しい事に挑戦するより、シンプルなものを何度も作り続けたいなぁ〜と家族の喜ぶ顔を見て思ったのでした。


そして、ブログがどうもマメに続けられないので、何か励みになるようにと

これも続くか否かなのですが、オリジナルなお菓子のレシピをぼちぼちと載せていこうかと思ってます。


その最初にこのカスタードプリンを載せますね〜

よかったら作ってみてください。





カスタードプリン


材料 (80cc × 6個)

卵 2個

卵黄 1個

砂糖 60〜70g

牛乳 260〜280g

生クリーム 40〜50g

バニラビーンズ 1/3本 (バニラオイルでも良い)


*カラメル

砂糖 40g

水 20g

お湯 20g


作り方

カラメルを作る

鍋に砂糖と水を入れ火にかけ、砂糖がカラメル色になるまで焦がす。

火を止め、お湯を加え鍋をまわして混ぜる。手早く型に流し込む。

とても熱くなっているので扱いに注意する。

プリン液を作る間、冷蔵庫に入れ冷やし固めておく。


プリン液を作る。

鍋に牛乳、生クリーム、バニラビーンズを入れて沸騰直前まであたためる。

ボウルに卵、卵黄を入れてときほぐし砂糖を加えてよく混ぜる。

ここに温めた牛乳を加えて混ぜる。

これをストレーナーまたは茶こしなどで漉して、型に流し入れる。


160℃のオーブンで湯煎に入れ25分焼く。

オーブンから出したら粗熱をとり、冷蔵庫に入れ冷やす。


*砂糖、牛乳、生クリームは幅がありますが、好みで甘さやゆるさを調節してください。

電気とガスのオーブンがありますが、プリンを焼く時は電気のオーブンで焼いてます。

オーブンによって、多少時間が異なると思うので、それも調節してくださいね〜


バットにキッチンペーパーを敷き、お水を加えてオーブンに入れて予熱してます。バットがなければ直接オーブンの天板にペーパーを敷いてお水を入れても構いません。



思うこと

早いもので、12月に入り第2週目になってしまいました。

クリスマス、年末年始と一気に駆け抜けて行きそうです(汗)

お菓子作りも、苺がどんどん出回り、バリエーションも広がり楽しい季節に入りました ♪

最近、ケーキを作る時、何を作ろうか…
と迷い、昨年の覚え書きやら見て、暫く作ってないからな、とかこれ食べたくなったな、とかで決めていくのですが、
飾り付けになった時、昔ならそんなに悩まないだろうに、ちょっと違ったものや
オシャレに仕上げたくなります。

それは、2年くらい前から始めたインスタグラムの為です。
始める前は、そこまで美しさや可愛さに、拘らなかったし大切なのは味、
中身が大事だと思ってましたから〜

ところが、始めていくうちにいろんな方の素敵なお菓子を見て、とても影響されました。
そして、勉強にもなりました。
その内に、いいね、やフォロワーさんが増えて来て、意識するようにもなりました。

増えて来るとやはり嬉しいもので、そうすると少しずつ作りたいお菓子が、どう言うものが映えるだろうか、と考えたりします。
勿論、目から美味しさは入って来るので、綺麗に作ることは大事ですが、それだけになってしまうと、とても残念です。

自分らしさを忘れず、なぜ作りたいのかを考え、自分らしく作ったものが評価された時、そして、周りの大切な人からおいしいの笑顔をもらった時、心から嬉しく、また作ろうの原動力になりますね。
そんな気持ちを忘れないで、これからも作って行きたいです。




今年は昔から作ってるブッシュドノエルのレッスンをしています

今月もありがとうございました

三月も終わり、四月に入ると言うのに
今日は冷たい雨ですね。
(大阪に居ます)
今月のお教室は、少し早めに終わりました。
遅ればせですが、今月のケーキです。
苺を使ったケーキがたくさんです。
四月に入ると桜の開花が楽しみですね〜
来月も春らしいお菓子、作っていきますのでよろしくお願いします〜











始動開始

おはようございます

年末年始、ずーっとお天気に恵まれ、気持ちも晴れやかになれますね〜

さて、今年最初に作ったケーキは
フレジェです。
昨年末にお友達から、「これ可愛いでしょう ひろみちゃんなら何かケーキ作りに使えるんじゃないかしら」
と頂いていた おいり。
少し前に、ピンタレストなどで見ていましたが、実際見るとなんとも乙女なお菓子です。

それで年始にはどうしてもこれを飾ったケーキが作りたくて、フレジェにのせました。
すっごく難しかったけれど、昨日、インスタグラムに載せたら、良い反響をいただけたので、良かったぁ〜と

家族も今日から仕事初めで、やっと日常が戻って来ました。
年末にやらなければいけなかった、お掃除を昨日からやろうやろうと
思いつつ、なかなか腰が上がらず
今日こそ、やります











私の中のもう一つの決め事
作ったお菓子の断面は、極力お見せする。です〜